教室1

算数オリンピックの問題に挑戦してみよう。
え?難しそうだなぁ、って?だいじょうぶ!

動く・わかる・楽しい ヒントが
たくさんあるから、ね!

さあ挑戦! ホームページ
Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6
問題 4. (1999 年ファイナル 問題 1より)
黒のカードが 10 枚、白のカードが 10 枚、合計 20 枚のカードがあり、 どちらも裏には 0 〜 9 の数字が1つずつ書かれています。 いま、これら 20 枚のカードをよくまぜたあと、下の図のように 10 枚ずつ2列に、 各列とも次のルールで並べました。
ルール カードに書かれた数字の小さい順に左から右へ並べる。
黒と白のカードに書かれた数字が同じ場合には必ず黒のカードを先(左)に並べる。
(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)のカードに書かれた数字はそれぞれいくつですか。

1列目 :
(ア) (イ)
2列目 :
(ウ) (エ)
ヒントを見るには、下の黒板消しをクリックしてください。

【注意】「ヒント」は、Java の起動に時間がかかることもあります。

ヒント