算数オリンピック大会組織概要


■設立趣旨

一般財団法人 算数オリンピック委員会は、世界的数学者広中平祐先生の提唱で子供たちに算数の面白さを知ってもらい有意な人材発現を目的に1992年のバルセロナオリンピックの年に設立された任意団体です。

■組織

会長 :広中 平祐(文化勲章・フィールズ賞・京都大学名誉教授)
副会長 :古川 昭夫(科学的教育グループ SEG主宰)
専務理事 :ピーター・フランクル(数学者・ハンガリー学士院)
事務局長 :若杉 栄二

■沿革

1992年:

第1回の算数オリンピック大会を開催

小学6年生を主対象にした1種目のみの大会でした。

1997年:

この年から小学4年生・5年生を主対象としたジュニア算数オリンピック大会を開催し、開催種目が2種目となる。

2000年:

小学生だけでなく中学生を対象にし、提唱者の広中先生の名前を冠した中学3年生対象の数学大会「広中杯」を開催し、大会種目は3種目となる。

2004年:

中学1年生・2年生対象のジュニア広中杯を開催し、大会種目は4種目となる。

2009年:

小学校低学年向けの大会を開催してほしいとの要望に応え、小学2年生・3年生を主対象にした算数オリンピックキッズBEE大会を開催し合計5種目となり、ここに小学低学年から中学3年生までを網羅した大会が毎年開催されることになった。

2014年:

第23回目の算数オリンピック大会の開催と並行し、参加費無料のインターネット世界算数大会を開催

現在に至る。

■所在地・問い合わせ連絡先

〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-6-5-804

 算数オリンピック事務局

 Email: sansu@sansu-olympic.gr.jp